脱毛にはクリニックで行う医療脱毛とエステサロンで行うエステ脱毛の2つの種類があります。

医療脱毛の中でも人気の医療レーザー脱毛は、強力なレーザーを使った脱毛方法であり、短期間で効果を実感できるということです。

一口に医療脱毛といっても施術に使われる脱毛器にはいくつかの種類があります。

脱毛器の違いというのは波長の違いであり、波長が長いレーザーは深部に優しく反応し、短いレーザーはメラニンに強く反応します。

波長が長いマシンは効果が低くなりますが、痛みの少ない脱毛をしたいという人におすすめです。波長が短いマシンは痛みが強い分、高い効果を期待できます。

ちなみに、エステ脱毛はレーザーに比べて弱い光を照射して脱毛を行います。そのため医療レーザー脱毛よりも効果が低く、ムダ毛を完全に無くすことはできません。

ダイオードレーザー

医療レーザー脱毛において最も多く使用されているのがダイオードレーザーであり、このレーザーは日本人の肌に適しているということです。

そのため肌の負担を最小限に抑えることができますし、高い効果を期待できるでしょう。

ダイオードレーザーによる脱毛では他のマシンよりも出力を高く設定できるため、産毛を脱毛したいという人にもおすすめです。

また、ダイオードレーザーには痛みが少ないという特徴もあり、さまざまな方法で痛みを軽減しながら脱毛することができるため、痛みが不安な人でも安心して施術を受けることができるでしょう。

しかし、処理範囲が狭いので施術に時間がかかってしまうこともあります。

YAGレーザー

YAGレーザーは他のマシンよりも波長が長く、レーザーが肌の奥まで届くということです。

VIOや脇などの部分に高い効果が期待できるのですが、メラニン色素に反応しにくいので産毛などの毛に対してはあまり効果が期待できません。

脱毛というと日焼けした肌にはできないと考えている人もいるでしょう。

しかし、YAGレーザーなら日焼けしていても施術を受けることができますし、施術前にジェルを使わないので施術時間が短くて済むというメリットもあります。

腕や背中など広い範囲には不向きということですが、脇やVIOラインなど狭い範囲には効果的なマシンとなっています。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトというのは鉱石を使用したレーザー脱毛器であり、他のマシンよりもメラニンに反応しやすいという特徴があります。

そのため高い脱毛効果を期待できるのですが、その分痛みも感じやすいと言われています。